北海道十勝 帯広市西19条南2丁目 小口歯科医院 訪問診療 快適な義歯  診療のご予約・お問い合わせはTel:0155-33-9800

骨粗鬆症の患者さんへ

骨粗鬆症と診断された患者さんへ  

  • あまり多くはないのですが、骨粗鬆症の治療薬として使われるビスフォスフォネート系薬剤(以下BP)に関連して顎の骨が壊死する例が報告されています。
  • 歯科医に、骨粗鬆症の治療を受けていることを必ず知らせてください。
  • 服用しているすべての薬剤名・服用期間を知らせてください。
  • BP系薬剤の処方医の連絡先を知らせてください。

Q BP系薬剤ってなんですか?

A 骨代謝のバランスを整える薬です。骨粗鬆症の他にも悪性腫瘍による高カルシウム血症の改善の目的で使用されます。
骨粗鬆症には経口薬(飲み薬)として、悪性腫瘍による高カルシウム血症には注射薬として投与されることが多い様です。


Q そのBP系薬剤があごの骨の壊死と関連があるのですか?

A BP系薬剤と顎骨壊死の関連が示唆されています。ただし、あなたが投与される予定の経口薬での顎骨壊死の発症頻度は0.01〜0.04%と高くありません。

Q それって、経口BP系薬剤を服用している人の1万人に1〜4人が顎骨壊死を発症するということですよね。かなり少ないんですね。少し安心しました。でも、それなのにどうして歯科受診を勧められたんでしょう?

A 抜歯などの処置で顎骨壊死のリスクが増加することが分かっているからです。

Q ではリスクを少なくするためにはどうしたらいいんですか?

A-BP投与開始前に歯科を受診し、抜歯の必要な歯はあらかじめ抜いておくと良いでしょう。
 あなたのようにBP系薬剤の投与を予定されている方は、その傷が治ってから投与を開始してください。
他の治療も先にしておいた方がよいと思います。
投与後は定期的な歯科受診により口腔衛生状態を良好に保つようにする必要があります。


Q わかりました。でも、すでにBP系薬剤を投与されている場合はどうしたらよいでしょうか?

A 抜歯などの処置以外は通常の歯科治療が可能ですが、定期的な歯科受診により口腔ケアを積極的に行うことが必要です。

ビスフォスフォネート(BP)系薬剤一覧  平成22年10月現在  

注射用BP系薬剤
製品名適応症製造販売
アレディア点滴静注用悪性腫瘍による高カルシウム血症、乳癌の溶骨性骨転移ノバルティスファーマ
ティロック注射液悪性腫瘍による高カルシウム血症帝人ファーマ
ビスフォナール注射液悪性腫瘍による高カルシウム血症アステラス製薬
ゾメタ点滴静注用悪性腫瘍による高カルシウム血症、多発性骨髄腫による骨病変及び固形癌骨転移による骨病変ノバルティスファーマ
パミドロン酸二Na点滴静注用「サワイ」悪性腫瘍による高カルシウム血症サワイ製薬
パミドロン酸二Na点滴静注用「F」悪性腫瘍による高カルシウム血症富士製薬工業


経口BP系薬剤
製品名適応症製造販売
フォサマック錠骨粗鬆症万有製薬
ボナロン錠骨粗鬆症帝人ファーマ
アレンドロン酸錠「DK」骨粗鬆症大興製薬=日本ケミファ
アレンドロン酸錠「SN」骨粗鬆症シオノケミカル=科研製薬
アレンドロン酸錠「タイヨー」骨粗鬆症大洋薬品
アレンドロン酸錠「マイラン」骨粗鬆症マイラン製薬
ダイドロネル錠骨粗鬆症、下記状態における初期及び進行期の異所性骨化の抑制 脊椎損傷後または股関節形成術後、骨ページェット病大日本住友製薬
アクトネル錠骨粗鬆症、骨ページェット病味の素=エーザイ
ベネット錠骨粗鬆症、骨ページェット病武田薬品工業
ボノテオ錠骨粗鬆症アステラス製薬
リカルボン錠骨粗鬆症小野薬品

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 3.61
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional